タッチとみなみのしっぽ

2015年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2016年02月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年01月
ARCHIVE ≫ 2016年01月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2016年01月  | 翌月 ≫

エリカラみなみ



みなみしゃん
こんなんです(^^;;
エリカラをかじったのは
みなみじゃないよ~!



オムツの買い出しに行きがてら
会社に寄って事務処理
すぐに帰宅しました



昨夜は夜中に1回オシッコさせたけど
朝起きたらオムツに大量のオシッコしてました
今日もかなり頻尿ですが
元気は元気
夕方にはお散歩を催促するくらい(*^^*)
お散歩の間はエリカラも外せるし
みなみ、嬉しそうだった
ちょっと歩いたら満足したのか
やっと落ち着いて寝てくれてホッ!



みーちゃんの寝顔に癒される~




スポンサーサイト
体の事 | Comments(0) | Trackbacks(-)

いろいろ一日

今日は父の4回忌
その日と思って決めたわけではありませんが
今日、母が老健に入所しました
秋に入院した時に、心臓が悪いことがわかり
家が古くて寒い実家では心臓に負担がかかることが心配で
冬の間限定で入所を決めました
直前になって「やっぱり行きたくない」と言いだした母に
「いやになったら戻ってくればいいよ」と言い聞かせ
夕方まで母に付き添いました
母の身体のことを心配して入所を決めたものの
一生懸命、平静を保とうとしている母の姿を見て
果たしてこれでよかったんだろうか・・・
という気持ちになってしまいました
早く施設に慣れてくれますように!



母の所から戻って、みなみのお迎え~
くりむ君から借りた首ドーナツつけて
さらに先生にエリザベスカラーもつけられた
みなみ、身体が柔らかくて
エリザベスカラーをつけていても
傷口をなめちゃうからって
看護士さんに
「身体ぐにゃぐにゃで猫みたいですよね」って言われた
やっぱり猫犬みなみかな?



帰宅後、すぐにトイレにダッシュしたみなみ
その後、3~4分おき位にオシッコ
30分位の間に10回以上
トイレ以外の場所でも何度か失敗
一時も目を離せない状態なので
お風呂に入る間、おむつをすることにしました



おむつをして少し落ち着いたのか?
オシッコをしたくなくなったのか?
ソファーでくつろぎ始め



しばらくして、やっと寝てくれました
この頻尿がいつまで続くのか
早く治まってくれますように・・・



タッチは首に変なものをつけてるみなみに近づけず
みなみが寝始めてやっと2階から下りてきました
タッチもお疲れもようです

明日が明るい日になりますように
体の事 | Comments(9) | Trackbacks(-)

みなみ元気です



夕方みなみの面会に行ってきました
前回もそうだったけど
昨日お腹を切ったとは思えないほど元気!
ニコニコで迎えてくれました
みなみの笑顔に会えて、うれしかった~



ちょっとだけだけどお散歩もいけました
人間では考えられませんね
お腹を切った翌日にお散歩できるなんて!

だけどね…
病院で貸してくれたリード
お相撲さんみたいなリードなの(^^;;

このまま、良い方向に向かいますように!


体の事 | Comments(4) | Trackbacks(-)

長い1日



「おはよう~」
今朝のお目覚めみなみ
先日のCT検査の夜に
みなみしゃん、大量のおねしょをしたものだから
それ以来、ベッドで一緒寝禁止となりました
ベッドの横に旅行用に買ったクレートを置いて
みなみはそこでおねんねです
天井をあけてあげたらお気に入りになったみたい
「ハウス」と言うと嫌がらずに入ってくれるので
とっても助かります



しばらくは走れないだろうと
朝んぽで長距離「来い」の練習
みなみ、喜んで飛んでくるの
ここは霊園の中の道です



朝ごはんももらえず
何かを感じてるみなみ
病院に着くなり緊張~のお顔
しかも!
待っている間にも大量の尿漏れ
ビビりション???



夕方6時過ぎに面会に行った時のみなみです
ママの顔を見た途端
しっぽを何度か振ってくれたけど
その後はまだ麻酔が完全に溶けてない感じで
ぼ~っとしてました

みなみの手術の結果は・・・
先生も困惑気味の結果でした
手術前に疑った前回手術した時に
本来つながってはいけない所につながっていた尿管を
そこに尿が流れないようにと縛りました
最初は、そこに穴があいてしまって漏れているのではとの見解でしたが
それは違っていました
手術前に、最初の手術時のCTと先日撮ったCTの画像を見比べて
縛った所とは違う所に尿がたまっている事がわかったとのこと
先生も、最初は前回縛った所に穴があいたのだろうという
先入観があったそうで
今日の手術の前に、他の先生と画像チェックを行ったところ
原因はそこではないと判明したそうです
今回の手術では、どういう原因なのかはわからないとのことですが
尿がたまってしまう袋(のようなもの)があって
その上と下とを縛って
どちら方向からも尿が入り込まない処置をしたとのこと
ただ、異所性尿管の子の場合、尿漏れが治るのは50%の確率で
(それは、最初の手術の時にもお話があったし
 私がネットで調べた内容も同じものでした)
手術しても尿漏れが続くことの原因は解明されていないそうです
異所性尿管自体が、非常にまれな病気であることも
解明されない一因とのこと
もともとが異所性尿管で生まれてくること自体が異常な事で
体質として尿が漏れやすいとのことでした
今回の手術で、尿漏れが完治するかどうかは
みなみの今後の経過を見てみないと何とも言えないそうです
もし、改善されないようであっても、これ以上の手立てはできないと・・・
先生も苦汁顔でした
単に前回の手術の時に縛った所の問題であれば
今回の手術で改善されるはずでしたが
原因が他にあったことで先生も驚いていました
今できることはやっていただけたと思います
あとは、ただただ、みなみの状態が良くなっていることを
祈るだけです

みなさんの元気玉、きっとみなみに届いたと思います
感謝、感謝です
体の事 | Comments(4) | Trackbacks(-)

またまた元気玉よろしくね



毎朝、ここでトレーニングするのが
みなみのお楽しみ♪
ご褒美のクッキーもらえるからね~(*^^*)



トレーニング疲れか??
今朝は会社に着くなりおねむ~
みなみしゃん
落ちる寸前のお顔



明日
みなみの再手術です
よい結果になりますように
みんなの元気玉送ってくださいね
よろしくお願いします
体の事 | Comments(8) | Trackbacks(-)

地鎮祭



人生、最終章に向かってスタートしました
どこまで走り続けるんだ?!
の波乱万丈人生ですが
この青空のように気持ちは晴れ晴れ
気持ちも新たに
頑張る!
って誓ったよ

160121_5.jpg

「ユメハイツカカナウモノ・・・」
高校時代の友人がいつも語りかけてくれた言葉
思いが強ければ
きっと夢は叶う
そう信じてどれだけの時間を過ごしてきたでしょう
何度も挫折を繰り返し
どん底から這いあがれないんじゃないかって
そう思った時もありました
そんな時
いつも私を立ちあがらせてくれたのはマリン
マリンとの約束
忘れてないからね

160121_2.jpg

タッチとみなみも参加したよ~
タッチは式の間は車の中だったけど
椅子の上にはマリン
写真で参加しました

160121_1.jpg

真剣顔のみなみ
こっちこっちって言われて
なかなかカメラ目線とれなくて苦労しました

160121_8.jpg

敷地の角、角をお清めの間
みなみはどこ向いてたんだかなぁ・・・

160121_7.jpg

とりあえずじっとそばにいてくれただけで
OKかな

160121_3.jpg

「エイ、エイ、エイ」って言って鍬入れしました
とっても神聖な気持ち

160121_4.jpg

式後の記念撮影
みなみは、ここでもあっち向いてホイ

160121tm1.jpg

最後にもう一度タッチ登場
ツーショットの記念撮影って思ったけど
これが精一杯でした
残念!
でもみんなで同時にこの地に立てただけで
胸がいっぱいになったよ

160121_9.jpg

車の中で
ちょび挙動不審のタッチ兄ちゃんでした


新築工事 | Comments(10) | Trackbacks(-)

再手術

みなみの尿漏れに2種類の薬を試しましたが効果はなく
昨日、再び造影剤を入れてのCT検査をしました
異所性尿管かどうかの検査をした時と同じ検査です
結果・・・
前回の手術で、本来つながってはいけない場所につながっていた尿管を
そこに尿が流れないようにと縛ったのですが
どうやらそこに小さな穴があいてしまったらしく
また手術前と同じように、尿道に直接つながってしまっている管に
尿がたまり、それが尿漏れの原因になっていました
手術前と違うのは、いつもその管に尿が流れている訳ではなく
尿を出そうとして膀胱が収縮する時に圧がかかった時だけ
その管に溜まるので、お散歩後に座った時に漏れてしまうというのは
座るという行為で、その管に刺激が加わるので漏れてしまうのではないかと
異所性尿管の手術をした時にも説明していただきましたが
膀胱ではなく直接尿道につながってしまっていた管は
時間と共に太くなってしまっていて
その管に尿が流れないようにするための処置は
教科書通りにはいかなかったと
何度も何度も縛りなおして漏れなくしていただいたのですが
縛った糸の間に隙間ができてしまったのですね
再手術することになりました
こうした尿漏れを完全になくすには
尿道に直接つながってしまっている管を取り除いた方がいいそうですが
みなみの場合、その管がたくさんの神経が通っている膀胱の壁に
へばりついている状態らしく
神経を傷つけてしまうと、さらに尿漏れが悪化する可能性があるとのこと
なので、その管を取り除く手術よりは
前回の手術で縛った所を再度縛りなおし
尿道につながってしまっている管との間を切り離す手術になりそうです
管を取り除くのか、縛りなおすのか
最終的な判断は、先生にお任せすることにしました
ただ、明るい結果もわかりました
みなみの左の腎臓は萎縮してしまっていて
どれくらい機能しているのかわからなかったのが
前回の手術で膀胱につなぎ直した管から
ちゃんと尿を送り出せていました
まだ左の腎臓もちゃんとオシッコを作れていました!
そして何よりもうれしかったのは
昨日の血液検査の結果
みなみ、生まれて初めて腎臓の値が正常値になってました
腎臓の機能をちゃんと維持できてる証拠です
これは本当にうれしかったぁ~~

前回の手術は、つなぎ直した尿管までカテーテルをいれて
そこが塞がらないように経過をみる必要があったので
長期入院となりましたが
今回は、数日間の入院で済みそうです

手術するかしないか
しないと言う選択もあるのでしょうが
尿が漏れると言うのは
家庭犬として生活するには深刻な問題です
トイレのしつけを「ハウスブレーキング」と言うように
家の中でオシッコが漏れてしまうことの大変さは
経験してみたいとわからないですね

みなみを迎えてすぐに尿もれしている事がわかり
最初に診ていただいた獣医さん(マリンがお世話になった獣医さん)で
「もし異所性尿管だとしたら、すぐに手術した方がいい」
と言われました
変な所につながってしまっている尿管が
成長と共に太くなってしまうからと
その時のみなみは生後2ヶ月
異所性尿管かどうかの検査をするには
血管造影検査が必要でした
私の中で、ほんの2ヶ月のパピーにそんな検査はうけさせたくない
という思いがありました
獣医さんからは、2ヶ月だとしてもそれほど危険な検査ではないと
いわれましたが・・・
マリンがお世話になった先生から最初に紹介していただいた獣医さんとは
いろいろな話をしていく中で信頼関係を結ぶことができず
時間ばかりが過ぎていきました
その後、手術をしていただいた今の獣医さんに変えたのですが
もっと早くに異所性尿管だと知ることができたら
変な所につながってしまっていた尿管も
太くならずにすんだかもしれません
私の判断ミス
それがとても悔しいし
みなみに申し訳ない気持ちでいっぱいです
もっと若齢のうちに手術すべきでした
小さいからかわいそうという思いより
獣医さんの言葉をきちんと受け止めるべきでした

みなみと同じ病気かもしれないと思って
こちらのページにたどりついた方がいらっしゃったら

異所性尿管は早く手術した方がいい病気です!

時期を遅らせれば遅らせるほど
本来あるべき所ではない場所につながっている管が太くなり
手術するのが大変になってしまいます
異所性尿管の情報は、ネット検索してもかなり少ないです
私と同じような過ちを繰り返さないでください
私がここに書き記すことで、少しでもお役に立てることを願っています

みなみの手術は1月25日になりました
無事に終わる事、一緒に祈ってください

体の事 | Comments(6) | Trackbacks(-)

アンモニャイト



先日のこと
会社にいらっしゃったお客様のリクエストで
みなみ、接客係のお仕事したよ~
「ママ、こんな感じでいかがでしょう」ってお顔でしょう?
かわいい、かわいいっていっぱいナデナデしてもらって
ご機嫌みなみでした



夜のベッド争奪戦
みなみの後ろ~
タッチいるのわかるかな?



タッチ兄ちゃん
アンモニャイトの夜でした

猫みなみ?



みなみはお里にいる時から
猫っぽいって言われてました
この寝方は「猫」そのものかも~
手の上に足が乗ってるけど大丈夫なの?
しびれそうだけど



会社でのみなみ
ママの椅子の足を枕に熟睡



マリンも同じだったなぁって思いだしたよ
頭、痛くないのかな?

仲良しかな?



おふたりさん
毎晩のように
ソファーの上でこんなふうに寝てるよ
もうちょっとくっついてくれないかなぁ~



夕べは秘密会談???してた



寝るよ~って言うと
ささ~っと2階に上がっていくおふたりさん
この寝顔に癒される~