FC2ブログ

タッチとみなみのしっぽ

2019年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年02月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2020年01月
ARCHIVE ≫ 2020年01月
  • 8回忌 (2020.01.29)
      

≪ 前月 |  2020年01月  | 翌月 ≫

8回忌



今日は父の8回忌
あれからもう7年も経つのね
父が亡くなってからもしばらくは
父を受け入れられない気持ちが強くて
亡くなってやっと父との闘争が終わった事に
ほっとしてた
時間が経つと共に
父は本当はどう思っていたのか
少しずつ穏やかな気持ちで考えられるように
なってきた気がする
人生に
たら…
れば…
はない
わかってはいても
父ともっとちゃんと向き合えていたら
私の人生はもっと違ったんじゃないかと思ってしまう

先週、母が倒れた時
父がお迎えに来ちゃったのかも…って思った
一人が寂しくなっちゃったかなぁって
今日は、母を守ってねってお願いしてきた
病院に行く前に
かつて父がよくウォーキングしていた川沿いを
みなみと一緒に歩いてきた
ここはマリンとも何度も歩いた道
かつての相棒と父と母とマリンとも歩いたんだよね
命日って思い出す事が供養になると言うから…
マリンが亡くなって半年後に父が亡くなって
7年も経つのに思い出の場所はやっぱり切なくなる
夕日がね
やけに眩しかった

母の検査の結果
今回倒れたのは大きな脳梗塞を起こしたのではなく
頭の中の血管が細くなっている箇所がいくつかあり
そこで血流が止まってしまう事で
一時的に意識がなくなってしまうそう
今後も同じような現象が起きるであろうと…
新たに甲状腺にも異常が見つかった
詳しい検査をしてないのではっきりとはわからないが
腫瘍らしきものができているようで
それももし癌だとしても
年齢的に進行は遅いだろうから
敢えて体力を消耗する手術はしなくてもいいのではないかとのこと
確かに、高齢になって大きな手術をすることのリスクや
本人の体力が落ちることを考えると
現状のままでいる事の方が本人のためかなと思う

今までも何度か大きな手術を乗り越えてきた母
手術はもういいよね…
私はそう思うんだよね
ひょっとしてこのまま父の元に行ってしまうのでは?
と覚悟もした
ほんとに一人ぼっちになっちゃうんだなぁって
そう思ったら…
何とも言えない気持ち
もうちょっと、もうちょっと一緒にいようよね



スポンサーサイト



日々の事 | Comments(0) | Trackbacks(-)