タッチとみなみのしっぽ

2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPマクロビ ≫ 絶食

絶食


<お昼休みに機関車のある公園にて>

今日は新月
そして旧暦の元旦
みなみの自然療法の先生から勧められた新月の日の絶食
試してみることにしました
みなみが食べないのにママが食べちゃうって言うのも不公平な気がして
一緒に絶食してみたよ^^
みなみは、お水だけだと水分補給が十分できないので
玄米甘酒を薄~~くした飲み物を朝昼夜と飲ませました

ご飯を作らないから
朝はゆっくり起きて睡眠たっぷり
お昼休みにはの~~んびりお散歩までできちゃったし
なんだか得した気分
食べないって結構我慢がいるかも?って思ったけど
全然、苦じゃない
かえって身体が楽ちん
先生は、週に1回位絶食した方が免疫力が上がるっていったけど
その意味が分かる気がしました

子供の頃、風邪をひいたときに
母が体力をつけないと!って言って
卵おじやを作ってくれたけど
マクロビを勉強してわかったのは
それは逆効果だったってこと
風邪をひいたときや、体調が悪い時は
絶食して内臓を休め、ゆっくりと寝ることが回復への早道です
食べ物を消化することで内臓が休むことができず
身体を治そうとする方に力を発揮できなくなってしまうのです
喘息の持病があった私は
子供の頃、風邪をひきやすくて
そのたびに、母はリンゴをすって食べさせてくれました
これは理に適っていました!
風邪のひき始めには、リンゴ葛が効きます
リンゴを薄く小さく切って、ひたひたの水と少量の塩(自然塩)、葛粉をいれて
沸騰させて葛をよく煮溶かします
風邪の時には熱々を食べてね
これを冷蔵庫で冷やすとリンゴゼリーになりますよ~
お砂糖なしでも甘くておいしいです

風邪をひいてしまったら、ひきそうかなぁ~って時は・・・
風邪の諸症状に効く薬膳スープのご紹介です
熱がそれほど高くない場合や、軽い咳やのどの痛みを改善します
お試しあれ!

<大根湯>
材料(1日分)
 大根 薄い輪切り3枚
 れんこんの節 輪切り数枚
 干しシイタケ 大3枚
 水 3カップ
 醤油 少々

作り方
 鍋に醤油以外の材料を全部入れて火にかけ
 汁が2カップ位に煮詰まったら薄い醤油味をつける

熱いうちに飲みます
1日3回に分けて飲む

*醤油は添加物などが入っていないきちんと作られた醤油を
 使ってくださいね!

れんこんの節の部分、みんなは捨てちゃうかな?
れんこんは、肺に効く野菜(肺みたいにいっぱい穴があいてるでしょ^^)
特に「節」の部分に一番エネルギーが集まっているのです
そのまま食べるのは硬くて、って思ったら
節以外の部分と一緒にすってお味噌汁に入れると食べやすいです
風邪がはやる時期にオススメです!
スポンサーサイト
マクロビ | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする