タッチとみなみのしっぽ

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP体の事 ≫ 悩みは尽きず

悩みは尽きず



3月28日 水曜日
右目から涙が止まらなくなったタッチを
病気に連れていきました
久しぶりに車に乗ったタッチ兄
かなりご機嫌斜めなのだ

原因は鼻涙管が細くなって詰まってしまうので
涙が出ちゃうのだそう
詰まりを取り除いてもまたすぐに詰まってしまうらしく
このまま様子を見ることになりました

ついでにみなみのオシッコ検査と血液検査もお願いしました
オシッコは相変わらず比重値がひくいものの
炎症もなく結石もでていない
尿もれがひどくなったので
ひょっとして膀胱炎?と思ったけど違ってました
血液検査の結果はクレアニチンの値が少し高いだけで
あとは全て正常値!
こんなことははじめてです^ ^
尿もれはあるものの、身体の状態は悪くないみたい
先生から尿もれに効果があるという手術を勧められました
みなみと同じ異所性尿管のゴルちゃんが
この手術をして尿もれがなくなったとのこと
アメリカでの勉強会で取得した技術なのだそう
自然療法を続けたいと思っていても
毎月の治療費が計り知れなく高い!
今後の生活を考えると、このままずっと続けるのは
生活自体が破綻してしまう
みなみの体にメスを入れる事はもうしたくないと
そう思っていたけど
生涯尿もれと共に生活するのはかなりしんどい
どの道を選ぶのが良いのか…
みなみにとって、どうするのがいいんだろうかと…



午後からは久しぶりに風ちゃんとランラン行って来ました



みなみはボール大好き
自分のボールだけ追いかけてくれればいいのに
他の子のボールに釘付けになってしまう
一つ間違えば、喧嘩のもとだってわかってくれないかなぁ
まだまだ勉強は続きます



みーしゃんよ
ボール集めして満足してる場合ではないぞよ!



今回は足から血も出てなかったし
よかった、よかったと思っていたら
パッドがとんでもないことになってました
またしても血まみれになっていたのでした
みーしゃん、頑張り過ぎ

スポンサーサイト
体の事 | Comments(7) | Trackbacks(-)

Comment

色々心配
編集
タッチ兄は涙の原因がわかっただけでも
気持ちが落着くけど
みーしゃんの尿漏れ
その手術で必ず尿漏れが治るんだったら
お願いしたい。
でも、わからないとなると悩む・・・
血液検査が正常値になったのは
自然療法を続けてきて体が安定したのかな。
大きな決断をすることになるね、
きっとマリンママの気持ちは固まってると思うけど
みなみちゃんを信じて、自分を信じて!

みーちゃんのボール好き
取り返しに来るわんこは気を放ってるし
飼主さんがNG出すよ。
(このボールで遊ぶのは止めにするねって言うよ。私がそうだから)
平日だしスペースあるし大丈夫だよ。

悩みは尽きないけど自分を取り戻したマクロビで
また、心を見つめられるといいね。

お友達、ブログを読んでる人
たくさんの人が応援しているよ。
もちろん、この私も。ねっ!









2017年03月31日(Fri) 07:56
No title
編集
日々の療養費がかさむのは厳しいものがありますよね。
手術で治る確率が気になるところではありますよね。
セカンドオピニオンをされてみる気はないですか?
人間も手術など、方向性に悩む時は普通にやりますし。

イサちゃんが行っていた病院はCTスキャンなどもあり
院長先生は大学病院でお手上げだったコも治せる名医です。
選択肢や意見は多い方が良い気もするのですが
いかがでしょうか。
2017年03月31日(Fri) 16:38
まろんママへ、イサベラ姉さんへ
編集
みなみへのご心配、ありがとうございます。
気持ちはまだ決められないの。
今朝も、オムツをしていても大量に漏れちゃうほどのおねしょで
出勤前にお布団のお洗濯。
仕方ないとは思っていても、みなみにとっても私にとってもかなりの負担になっています。
昼間の尿漏れが始まってから、頻繁にお股を気にしてなめてるみなみを見るのはしのびない。

セカンドオピニオンは私も考えていました。
でも、いま自然療法を受けているみなみにとっては、レントゲンやCTなどは
身体にストレスを入れてしまうことになるので、避けてくださいと言われています。
我が家に向かえてすぐに異所性尿管では?と疑いが始まってから
何度もレントゲンをとったりCTをとったりで、みなみの身体には電磁波の影響が
かなりストレスとなってたまっていて、自然療法を始めた1年前、
本治療よりもまずは解毒から始めないとの状態でした。
西洋医学で治療を目指す獣医さんには、この自然療法はなかなか受け入れられないのかな・・・
手術をしていただいた獣医さんでも、理解していただくことができていません。
私は両方のいいところを取っていきたいのですが・・・

そこで、お二人にお願いなのですが
今かかっている獣医さんで、アメリカで行われているという尿漏れの手術の事を
聞いていただけませんでしょうか。
その手術というのは、尿道の周りにリング状の管をはめて
尿漏れの度合いに合わせて生理食塩水を入れることにより調整していくのだそうです。
生理食塩水を入れるときのために、皮膚の下に管(と言ったと思うんだけど)を
埋め込んでおくのだそう。
尿が漏れるというのは尿道括約筋のゆるみが原因になっていることが多く
このリング(のようなもの)をはめることにより、それが改善されるとのことです。
みなみが異所性尿管の手術を受けた病院の院長先生は勉強熱心な方で
毎週1回大学病院での勉強会に出席し、海外のセミナーにも積極的に参加されています。
外科がご専門なのかな?
この手術がいつ頃から始まったのか、安全性はあるのか、成功率はどのくらいなのか、
いろいろ気になります。
一生このリングを入れておいて大丈夫なのですか?と質問したところ
大丈夫です、とのことでしたが、それを証明できるだけの実績があるのかどうなのか
リングを入れることによる副作用などはないのか
もし、かかりつけの獣医さんに行くことがありましたら、聞いていただけると助かります。

もし、このコメント欄をご覧になっている方がいらっしゃいましたら
ご協力いただけると嬉しいです。
よろしくお願いしますe-466
2017年04月01日(Sat) 10:01
聞いてみます
編集
日にちは未定だけど
今月、院長の診察受けるので
聞いてみます。
待っててね。
2017年04月01日(Sat) 10:51
まろんママへ
編集
ありがとう^^
感謝します!!
よろしくお願いしますe-466
2017年04月02日(Sun) 09:13
編集
なるほど、いろいろな時期を経ていまにたどりつかれたんですね。ふたりとも本当にがんばって偉いです😢
イサちゃんが行っていた病院、いいのですが我が家からも遠いので、エリちゃんだけになってからは半年に一度くらいしか顔を出していません。
すぐに先生のお考えをお知らせできないかもしれませんが、私なりに調べて見ます。
2017年04月03日(Mon) 10:14
イサベラ姉さんへ
編集
いつもありがとうv-344
ラインもね!
とっても心強いですv-363
2017年04月03日(Mon) 23:00












非公開コメントにする