FC2ブログ

タッチとみなみのしっぽ

2020年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2020年05月
TOPタッチとみなみ ≫ はじめまして記念日でした

はじめまして記念日でした

fc2blog_20150114215142ac7.jpg

フェイスブックを開いたら
3年前の今日の記事が^^
フェイスブックは時々こうして何年か前の事を思い出させてくれます

fc2blog_2015011421573664e.jpg

今日は
みなみと「はじめまして」記念日だったんだね
我が家に迎えた日は覚えてるけど
初めて会った日がいつだったかって忘れてました

この時はまだ、みなみが病気を持って生まれてきてるなんて思いもよらず・・・
またゴルと暮らせる
ただただ、これから始まるみなみとの楽しい生活の事だけで頭がいっぱいでした

ゴールデンと暮らしている人ならみなさんご存知と思いますが
今から20数年前、ゴールデンブームがあって
HD(股関節形成不全)が蔓延しました
名だたるブリーダーと言われている方達でさえ
遺伝性疾患のスクリーニングなしで交配していた時代です
ゴールデンのHD問題が大きくなったことで
今のようなチェック体制が整ってきたのだと思います
それでも、まだまだ何のチェックもせずに繁殖している
自称ブリーダーはたくさんいるんですよね
悲しいことです

犬の遺伝性疾患は
親犬や何代もさかのぼって検査することにより、防ぐことができます
本当の意味でのブリーダーとは、そういうチェックも怠らず
犬種の向上を目指す人のことを言います
素人の安易な交配は、不幸な犬達を生み出す原因になりかねません
うちの子が可愛いから
うちの子の赤ちゃんを見てみたいから
そんな理由で簡単に産ませないでほしい
遺伝性疾患を蔓延させる原因となります
日本では、犬もブームになりますよね
ブームになればどんどん産ませて売ろうとする業者が出て来ます
業としてブリードしている人には、本当の意味でのブリーダーを目指してほしい
その犬種を愛してやまない人だけが目指してほしいです
そして、迎える側は、犬や猫を迎えるとき、どこから迎えるの?
をもう一度、考えてほしいのです
私はペットショップに生体を置くのは反対です
迎える側がペットショップで買うということをやめない限り
物言わぬ動物達の被害はなくなりません

みなみを通して
命を生み出すということ
命を預かるということを
改めて考えた日でした
スポンサーサイト



Comment

No title
編集
こんばんは〜🌟

みなみちゃんのお薬💊は届きましたか?
1日でも早くお薬届いて、みなみちゃんの症状がよくなりますように🍀

ゴールデンのHD問題、今までHDで辛い思いをしてきたワンコ達や飼い主さんがいたからこそ、チェック体制が整ってきて、今があるということ、今までのワンコ達や飼い主さんに本当に感謝しかありません。
HD問題だけではなく、ワンコのために真剣に繁殖しているブリーダーさんがいる一方で、まだまだ繁殖優先でいるブリーダーさんもいることも事実、本当に悲しいですよね😣

ブリーダーさんからがいいのか?ペットショップからがいいのか?私には正直よく分かりません。
ワンコも人間同様、命ある生き物。“可愛い〜💕”や“ブリーダーさんから購入した”というネームバリューだけで飼おうとする飼い主さんも、ワンコとの生活がどういうことなのか、責任・覚悟を持って、ワンコとの一生(病気や怪我になった時や年齢を重ねた時の介護のことまで)を考えてから、飼うか・飼わないかを考えていかなければならないと思います。

繁殖するブリーダーさんも、迎い入れる私達飼い主も、真剣にそのワンコの命と向き合えるかが全てだと私は思います。
長々と失礼しました💦

baby時期のみなみちゃん、可愛い過ぎ〜😱💕💞お写真見て、秒殺されちゃいました〜☺️
2018年01月18日(Thu) 00:17
セレモコママさんへ
編集
みなみの薬は、今週末位には到着しそうです。
ご心配、ありがとうございます!

どこから迎えるか?
これは人によってさまざまですよね。
ペットショップ、ブリーダーのほかに、レスキュー団体から迎える
愛護センターや里親会などから迎える方法もあります。
私も、みなみを迎える前に、レスキュー団体から迎えることを考えました。
ただ、レスキュー団体から迎える時の条件はいろいろありました。
私のような一人暮らしの場合、ほぼ無理でした。
年齢制限や、お留守番時間の制限など、その他にもいろいろな条件がありました。
せっかくレスキューした命を、再び危険な目にあわさないためには
厳しい条件をつけると言うのも当然ですものね。
セレモコママさんの言うように、命に向かい合う気持ちが一番ですよね。

私は若い頃ペットショップで働いていたことがあります。
都内で何軒か支店を持つ中堅クラスのペットショップでした。
愛犬の友とかにも広告を載せていたようなお店です。
昔と今とでは状況も変わっているかもですが
ペットショップにもよると思いますが
表には出ない裏側の世界があります。
繁殖のためだけに劣悪な環境の下で飼育されている犬達もいます。
命を売り買いする市場から仕入れることもあります。
大きくなると高く売れないからと、親犬から早い時期に引き離されるのが常です。
今は規制がかけられてきましたが、それが守られているのかは疑問です。
ショーウィンドウにいる子犬や子猫達は、本当に無条件でかわいい。
その子達が、どんな環境で生まれたのか、どんな親から生まれたのか
そういうことをもっと考えてもらえるといいなぁ・・・と。
犬や猫を迎える時、ペットショップという選択肢しか持たない人達に
少しでも伝えられたらいいかな・・・と。

私も長々と失礼しました!
2018年01月18日(Thu) 21:37












非公開コメントにする